グループ紹介

化学療法グループ
Chemotherapy

消化器癌化学療法グループ(化療グループ)は、食道癌、胃癌、大腸癌、膵癌、GIST等を主とした消化器癌に対する薬物療法治療・臨床試験の立案・実施による臨床研究を行っている。

グループメンバー

グループ長

メンバー

  • 医員・大学院生(4) 中野 真太郎
    医員・大学院生(4)
    中野 真太郎
  • 医員・大学院生(3) 伊藤 憲
    医員・大学院生(3)
    伊藤 憲
  • 医員・大学院生(3) 斉藤 里佳
    医員・大学院生(3)
    斉藤 里佳
  • 医員・大学院生(2) 山村 貴洋
    医員・大学院生(2)
    山村 貴洋

スタッフ紹介

前化療Gグループ長の小松は、北大病院腫瘍センター化学療法部・キャンサーボード部・部長/診療教授として当科のみならず、当院全体のがん関連診療業務・がん拠点病院連携・キャンサーボード等の運営、各種委員会等に広く関わって活動している。その一方、地域がん診療グループとしてのHGCSG(北海道消化器癌化学療法研究会) の活動に続き、緩和医療との融合を狙ったHOME、 支持療法の臨床研究グループであるHOPEの代表責任者も兼任し、研究予算集めから新研究の発案・実施までを統括・管理している。長年治療開発を進めてきた大腸癌のIRIS+BV療法がESMOガイドラインのみならず、本邦の大腸癌ガイドラインにも掲載され標準治療となった。引き続き、北海道から世界標準治療を作り発信することを推進したい。診療担当は、消化器癌全てにわたっているがGIST患者が多いのが特徴的である。

現病棟化療グループ長である消化器内科助教の結城敏志医師は、外来業務はもちろんのこと、治験・各種臨床試験での、各種マネージメントの実務担当責任者を務め、厳しく目を光らせてくれている。教育の面でも、病棟診療におけるグループスタッフ、研修医、学生への指導にも尽力してくれている。 また上述のHGCSGを始めとする各種研究会においても事務局長、研究者としても活動し、各種臨床試験をマネージメントする傍ら、自身も国内外の学会で、積極的に参加し発表している。Big ProjectであるU-Kit projectも進んでおり、その結果が楽しみである。忙しい日々を送るとともに、EPOCや道内の関連協力施設と密接な連絡をとりながら着実に登録を進めてくれている。診療担当は、消化器癌全てであるが、主に胃癌、大腸癌患者を多く担当している。

川本泰之医師は、国立がんセンター東病院での国内留学時に得た様々な知識や経験を生かして、化療外来、消化器内科病棟・化療グループのがん診療を見てくれている。昨年度より腫瘍センター助教となり、今まで中積医師が務めていた腫瘍センター全般のマネージメントもせねばならない立場となった。各地域の医療スタッフに対する教育などにも力を注ぐとともに、北大病院がん治療全般、当科研修医、学生の教育までも兼務する立場となった。グループの各種研究の整理・とりまとめもしてくれており、治験や臨床試験などグループリサーチのまとめ役をしてくれている。診療担当は、消化器癌全てであるが、主に胆膵癌患者を多く担当している。難治癌である胆膵患者を多数担当しており日々奮闘している。

原田一顕医師は、本年より消化器内科特任助教を拝命し化療Gに戻って来てくれた。前勤務地の釧路では地域医療に寄与してくれていたが、もう一度大学で専門のがん医療をやりたいと希望してくれた。国立がん研究センター東病院で得たがん専門知識と地域の基幹病院での経験を生かして、再度大学で力を発揮してくれることを楽しみにしている。診療は進行消化器癌全般であるが食道癌患者さんを多く診療してくれている。大学院医員の先生の良き相談者としての役割も大きい。

中野真太郎先生は、早いもので、大学院4年生となった。中野医師は学生時より消化器癌化学療法に興味を示し、最初から当Gへの所属を表明し、学生時に現化療Gスタッフのみが着ているメンバー白衣を渡された稀少な存在である。すでにスタッフ医師の様に診療・研究に勤しんでくれており英文論文も積極的に投稿してくれている。今年は学位取得を目標にがんばって頂きたい。。

伊藤 憲 先生は、作年より消化器癌の薬物療法に興味をもち、化学療法Gを希望して大学に戻ってきてくた。大学では、最新の消化器癌に対する化学療法の開発や、新薬剤治験への参加を通じて、Medical Oncologistになることを希望してくれた。もうすでに、病棟では中心的な役割を果たしてくれている。新しい研究テーマを複数抱えておりプロトコール作成など多忙な研究・診療の毎日を送ってがんばってくれている。

斎藤 里佳先生は、昨年より消化器癌の薬物療法に興味をもち大学に戻ってきてくれた。伊藤先生同様、大学診療2年目となり、外来・病棟での診療に奮闘してくれている。胃癌新治療の開発に関し、プロトコール作成からIRB通過までOncologistとして厳しい毎日を経験しながらがんばっている。

山村貴洋先生は、2014年北大を卒業し、釧路労災病院と市立稚内病院で潮風に吹かれながら地方中核病院にて地域医療に貢献してきた。地方勤務の時から、最先端癌診療に興味を持ち、学会や研究会では積極的に大学メンバーと交流をし本年4月化療Gに着任してくれた。趣味は温泉廻りで休みの日は良質な泉質を求めて放浪しているとの事。発展と成長に期待したい。

腫瘍センター・化療部部長秘書の永井さんも、7年目を迎え化療Gの要としてがんばってくれて来たが、そろそろ・・・ということになりそうである。HGCSGスタッフとして関口さん、井内さん、渡邊さんも、HGCSGのみならず各種研究のデータセンター業務をしっかりと担当してくれている。

グループの業務

当グループでは、引き続き食道・胃・大腸、胆道、膵臓の各種進行癌、GIST等、消化器の悪性疾患に対する薬物療法を中心としたがん診療・研究を行っている。各種臨床試験・治験治療はもちろんのこと、治療難渋例についても、消化管キャンサーボードにおいて、放射線科、外科、病理、など、他科スタッフとの連携を密にし、多職種で相談した上で、患者さんに最良の治療を 提供できるよう、集学的治療を含めた最新の標準治療・治験治療等を行っている。

食道癌については、切除可能食道癌に対する術前化学療法の実施が多く、化学放射線併用療法(CRT)については、病期I、II、IIIにおけるオプションとして、 また切除不能局所進行症例に対しての第一選択として根治を目的に行っています。研究としては、JCOG臨床試験に協力するのみならず、 最先端食道癌治療の新薬開発に携わっている。免疫チェックポイント阻害剤も承認され、新治療開発も検討している。ただし、最近の症例数不足には頭を抱えている。

胃癌については、各治療ラインにおいて、複数の国際治験が存在しており、それらへ参加を通じてし最新の進行胃癌診療の開発に寄与実践。新標準治療へ独自の関わりとしては、胃癌2次治療におけるIrinotecanとRamの併用臨床試験を終え、発表の時期を迎えている。また、同様に2次治療の開発としてDocetaxel+Ramcirumabの臨床試験も開始となる。その他免疫チェックポイント阻害剤と放射線の併用療法という新研究も開始となり、将来の標準となるべく研究を進めたい。

大腸癌領域については、前述の如く、当Gが中心となり開発したIRIS+BV療法が、ESMOガイドライン掲載に続いて、本邦においても大腸癌治療ガイドラインに、正式な大腸癌1次治療として掲載された。北海道から世界へのEBM発信という当Gの目的が形になった。現在も、世界で話題となる各種臨床試験、治験にも積極的に関わっており、世界トップレベルの診療を実線できていると自負している。

胆膵領域においては、JCOG胆膵Gやその他のactive memberとして参加しており、積極的に活動している。膵癌では当GオリジナルOXIRISのPhase II試験が始まっており、現在実施中である。その他、膵癌だけでなく、胆道癌でも、新薬治験を多数引き受けるようになり、この領域でも、他施設をリードしていく立場を目指したいと考えている。本年は川本医師がNiraparibの開発にてAMED資金をあてがんばっている。

手技の経験・教育としては、当Gにおいて化学療法や栄養療法の実践のために必須の手技である中心静脈ポート造設を多数実施しているため、外科、放射線科などの専門科での研修をせずとも、当グループにおいて、早期にリザバー留置法を研修し、術者となることが可能となっている。また、積極的に各種学会での発表などにも参加してもらっており、国際学会の経験も必ずできるようなシステムになっている。

グループの理念

これも毎年変わる事は無いが、癌化学療法・薬物療法を専門とするGIオンコロジストを多数育成し、北海道全体にトップクラスのスタッフを当Gより輩出し、各施設にて世界レベルの適切な標準的癌化学療法を実施できるように全道施設のレベルを底上げすることである。また、がんの標準レジメン、新しい支持療法などの開発に関わり、北海道から全国に、そして世界に向けて、オリジナルのエビデンスを発信し、その実践により社会に貢献することである。

最後に

当グループは、国立がん研究センター東病院、中央病院、各種がん関連施設など、癌治療における第一線の施設との交流が深く、人的交流、会議・勉強会からの還元や、国際学会への積極的な参加等で常に最新の情報を得る事が可能である。もちろん、上記の施設へレジデントとして国内留学をすることも可能である。最近では上述のTricolore研究にてIRIS+BVを世界標準治療にまで押し上げることに成功しガイドラインを書き換えるということを達成し得た事は上述した。それ以外にも、HOPE1試験にて制吐剤ガイドラインを変え、HERBIS1試験にて、OGSGなどとのintergroup研究も成し遂げ、SP+Herceptinという胃癌1次治療のオプション開発も報告し、胃癌ガイドラインにも関わる事ができた。当 グループの特徴として、卒業後も変わること無く、真のoncologistをめざし大学メンバーと卒業メンバーが切磋琢磨しながら、最新がん診療を進める事ができることが、当Gの楽しみであり強みであると考えている。  当グループを 中心としたHGCSG、HOPE、HOMEには、当科関連施設はもちろん、全国の協力施設も含めた多数の施設が参加しており、多施設共同の臨床試験を行っている。 また、定期的な meetingや講演会を通じ、当グループの得た最新の情報を共有することで関連施設全体の癌治療を高いレベルに維持する一助となることを目標としている。 最近では、北海道という広大な土地でのメンバーの意思疎通を密にするために、独自のweb 会議システムを導入し、さらなる標準的治療開発を進めるべく動き出している。

上述の如く、当Gは、自グループの臨床試験結果が複数の国際学会、国内学会において報告され、ガイドラインを変えるような結果を世に出すなど極めて高度なレベルにあることは 間違い無いものと思われる。また、当化療グループの大きな特徴として多くの新薬治験や臨床試験への参加を積極的に実践しており、それらに参加することで、標準治療のみならず、治験治療をも一つの戦略・新治療として患者さんの治療計画に組み込んだ、最新の医療計画が実施可能となっており、メンバーへの豊富な経験の蓄積のみならず患者さんにも貢献できているものと考えている。

上記の如くですが、癌化学療法グループは、癌治療のスペシャリスト、GI Oncologistを目指す皆さんの参加を心よりお待ちしております。

文責:小松 嘉人(2020年7月)