研修医・
学生の方へ

後期研修医、消化器内科専攻希望者、
腫瘍内科専攻希望者を募集しております

初期臨床研修制度の導入によって、大学を中心に回ってきた医師の教育システム、医師派遣システムは大きな変革を迎えました。 これからは、かつての学閥と呼ばれた構造は崩壊し、医師としての個人の能力を如何に磨くかが一層重要になると予想されます。 当科は消化器内科、腫瘍内科分野の専門医を育成し、道内主要関連施設と連携の上、内科医として要求される基本的な臨床スキルも併せて身につけられる研修システムを提供しています。

また、大学院では一定期間の研究を行うことで、市中病院では難しい、学究的な思考も身につけることができます。また、後期研修からでも、後期研修が修了し専門分野の専攻からでも、広く門戸を開放しています。

北の大地、北海道で医師としてのスキルに磨きをかけませんか?


下記の日程で「Hokkaido Digestive Disease Seminar Junior (HDDSJr.)」を開催いたします。


日時 令和4年7月16日(土)
14:00~15:30
開催
方法
ハイブリッド形式
北海道大学医学部百年記念館(北15西7)
Zoom配信
対象

内容
対象・内容 消化器内科に興味のある学生・初期研修医など

事前登録は、下記のリンクからお願いします。

https://zoom.us/meeting/register/tJ0pdOmupjoqGtEZgdLPi908InsV8oDM5vsX


2022年度 消化器内科研修紹介

北海道大学消化器内科について
~医局長より~

2012年3月、消化器内科専門の医局としてとして新たなスタートを切りました。消化管(内視鏡グループ、炎症性腸疾患グループ)、肝臓グループ、胆膵グループ、化学療法グループの5つの専門グループが、それぞれ専門的な診療、教育、研究に活発に取り組んでいます。総合大学であることを生かし、学部をまたいだ共同研究も多数行なっており、研究分野は基礎研究から臨床研究まで幅広く行なっております。また、専門分野に偏らず皆で協力しあい明るい医局であることが最大の特徴です。

内科新専門医制度のもと、内科専攻医の間は、北海道内に多数ある関連基幹病院を中心に、消化器内科、内科医として総合的な臨床能力を身につけることを目指し、大学院では、学位取得のための研究はもちろん、専門分野の知識、技術の修得に力を入れています。また、その間、各種専門医の取得をシームレスにサポートいたします。自分の臨床、研究の成果を国内外の学会で発表できる機会も豊富にあります。

北海道大学消化器内科では、一緒に診療、研究をする仲間を広く募集しています。研修3年目の新規入局はもちろん、各種専門医取得を目指すかた、大学院で研究をしたいかた、途中入局も大歓迎です。北海道内の方でも道外の方でも、消化器内科に興味があるかたは、遠慮無く下記まで連絡をして下さい。見学、訪問も随時受け付けています。是非、仲間になって一緒に頑張りましょう!

後期研修を
希望される方へ

お問い合わせ

(お問い合わせは、医局長まで)

北海道札幌市北区北15条西7丁目
TEL: 011-716-1161 (内線 5922)
FAX: 011-706-7867
医局長: 川久保 和道 naika-3@med.hokudai.ac.jp