グループ紹介

内視鏡グループ
Endoscopy

内視鏡グループは北海道大学病院における消化管内視鏡検査と消化管内視鏡治療を担当しています。

グループメンバー

 内視鏡グループは、外来診療部としての光学医療診療部を兼任し、院内の消化器内視鏡診療を担っております。小野はグループ長となり3年目を迎え、教員4名と大学院生6名の計10名で構成されています。

グループ長

メンバー

  • 大学院生(4) 井上 雅貴
    大学院生(4)
    井上 雅貴
  • 大学院生(4) 木脇 佐代子
    大学院生(4)
    木脇 佐代子
  • 大学院生(3) 田中 一光
    大学院生(3)
    田中 一光
  • 大学院生(3) 霜田 佳彦
    大学院生(3)
    霜田 佳彦
  • 大学院生(2) 久保 茉理奈
    大学院生(2)
    久保 茉理奈
  • 大学院生(2) 西村 友佑
    大学院生(2)
    西村 友佑

診療

 外来は消化管新来と再来を教員で担当しています。内視鏡検査は平日上部、下部、カプセル内視鏡、超音波内視鏡、内視鏡治療が可能です。 また、ピロリ菌専門外来では、三次除菌以後の除菌とアレルギー患者の除菌を自費診療で行っています。

消化管新来

月曜日:小野、火曜日:山本、水曜日:清水、木曜日:大野

消化管再来

月曜日:山本、火曜日:清水、木曜日:小野

ピロリ専門外来(自費診療)

月曜日:小野

研究

 大学院生を中心に臨床研究、基礎研究を行っています。日々の診療からのひらめきを大事に、臨床に役立つことをモットーに考案しています。また、AMED、科研費を獲得した大野助教を中心に生体豚を使った基礎研究にも力をいれています。新たなエビデンスを北海道から発信できるよう、精進します。

多施設共同研究

  • H. pylori 除菌長期経過後のバレット上皮発生に関する検討
  • エンドサイトスコピーによる食道腫瘍生体内組織診断の有用性に関する検討
  • 薬剤耐性ヘリコバクターピロリ菌の全国サーベイランス
  • ADH1B / ALDH2遺伝子型による頭頸部がん内視鏡治療後の異時性頭頸部がん、異時性食道がんの発症リスクに関する検討

単施設研究

  • 早期食道癌発癌因子としてのHuman Papilloma Virus感染およびアルコール代謝遺伝子多型に関する検討
  • 除菌後異時性多発胃癌の臨床病理学的検討と分子プロファイリング
  • 頭頸部癌放射線照射後遺残,異時性多発癌に対する内視鏡治療成績
  • 消化管上皮性腫瘍に対する内視鏡切除術の治療成績についての検討
  • 異時性多発食道癌および背景粘膜の遺伝子プロファイリング
  • GVHD腸炎の早期診断における生体内細胞観察の有用性に関する検討

研究費

  • 2017-2019年度 学術研究助成基金助成金 基盤研究(C)
  • 2018年度 内視鏡医学研究振興財団研究助成
  • 2018年度 日本消化器内視鏡学会北海道支部研究助成
  • 2019年度 伊藤財団海外交流助成金
  • 2019年度 日本消化器内視鏡学会北海道支部研究助成
  • 2020年度 橋渡し研究戦略的推進プログラム シーズA
  • 2020-2022年度 科学研究費助成事業 若手研究

内視鏡グループでの研修内容

 内視鏡グループでは、内視鏡に興味のある初期研修医、専攻医をお待ちしています。初期研修医は研修の時期により異なりますが、内視鏡治療の基本やプレゼンテーションなどを学んで頂きます。モチベーションの高い研修医には短い期間でも内視鏡検査の手技を教えることは可能です。
 専攻医や大学院生には、内視鏡診療の基本と標準的な治療技術を習得することを目指してもらいます。内視鏡は消化器内科医ならある程度は皆ができる手技ですが、だからこそその技術にはとても差があると感じています。また、内視鏡を用いた研究で学位取得を目指すことができます。内視鏡グループでは高い技術の習得を目指す、若者のキャリア形成をお手伝いします。

文責:小野 尚子(2020年9月)