業績

2014年度 :: 著書・雑誌 :: 邦文 :: その他 :: 業績

がん薬物療法専門医のための模擬テスト47 −解説と解答−

結城 敏志

腫瘍内科. 2014: 13(5): 674-677

がん薬物療法専門医のための模擬テスト47

結城 敏志

腫瘍内科. 2014, 13(4): 571-572

ピロリ菌除菌後の胃がん、その特徴と対策

間部 克裕

胃がんリスク検診 (ABC 検診)マニュアル. 2014: 126-129

第4章 胃炎の内視鏡所見の記載方法 1.解説ならびに症例

間部 克裕

胃炎の京都分類. 2014: 113-117

Helicobacter pylori除菌診療クエスチョン&アドバイス 専門医に聞く H.pylori 除菌診療のポイント「感染診断・除菌判定を1から理解する」シリーズ 迅速ウレアーゼ試験(RUT)によるピロリ菌検査はどのようにおこないますか?(Q&A)

間部 克裕

Helicobacter Research. 2014; 18(2): 175-179

HBV: 核酸アナログ製剤の長期治療成績と安全性

髭 修平, 小関 至

Medical Practice. 2015; 32(3): 487-490

ラミブジン、アデホビル治療の成績と多剤耐性ウイルス

髭 修平, 小関 至, 狩野 吉康, 豊田 成司

医学と薬学. 2014; 71(7): 1171-1178

FOLFIRINOX

林 秀幸, 奥坂 拓志

消化器がん化学療法 副作用マネジメント プロのコツ. 2014: 159-165

S-1単剤

林 秀幸, 奥坂 拓志

消化器がん化学療法 副作用マネジメント プロのコツ. 2014: 154-158

GEM ±エルロチニブ

林 秀幸, 奥坂 拓志

消化器がん化学療法副作用マネジメント プロのコツ. 2014: 149-153

術前・術後の化学療法は効果があるのでしょうか?

林 秀幸,上野 秀樹, 奥坂 拓志

もう悩まない!知っておきたい膵疾患診療の手引き. 2014: 221-225

膵がんの術前化学療法のメリットは?オンコロジストはこう治療している

林 秀幸, 上野 秀樹

膵がん・胆道がん診療と化学療法. 2015: 150-151

術後化学療法はどこまで有効か?オンコロジストはこう治療している

林 秀幸, 上野 秀樹

膵がん・胆道がん診療と化学療法. 2015・148-149

膵がん薬物療法の今後 オンコロジストはこう治療している

林 秀幸, 上野 秀樹

膵がん・胆道がん診療と化学療法. 2015: 36-40

切除不能膵癌の中下部胆道狭窄にself-expandable metallic stentを留置する際に内視鏡的乳頭切開術は必要か?

林 毅, 河上 洋, 小山内 学

消化器内科. 2014: 58(4): 570-576

オキサリプラチン (L-OHP) シスブラチン (COOP) ネタプラチン (COGP)

中積 宏之

消化器がん化学療法 副作用マネジメント プロのコツ. 2014: 405-407

検査目的に合わせた腸管前処置法と腸管拡張について

高林 健, 大浦 聡悟, 野島 智, 安達 政一, 中村 吉志, 橋本 勉, 堀田 彰一

Rad Fan. 2014; 12(7): 44-46

C型肝炎治療の現況と新展開(3剤併用療法、DAA経口薬など)

須田 剛生, 坂本 直哉

肝疾患 Review. 2014; 34-38

肝門部胆管がんの術前診断・ドレナージ

河上 洋, ?谷 将城, 坂本 直哉

Medical Practice. 2014: 31(6): 945-952

集学的治療(内視鏡的ステント留置術一胆道十二指腸)

河上 洋, ?谷 将城, 坂本 直哉

日本臨林増刊号膵癌・胆道癌. 2015: 73(3): 595-600

主な膵涵胞性腫瘍の画像上の鑑別ポイントを教えてください

河上 洋, ?谷 将城, 坂本 直哉

これだけは知っておきたい 膵疾患診療の手引き. 2014: 1 247-262

術前胆道ドレナージ術

河上 洋, ?谷 将城, 川久保 和道, 阿部 容子, 川畑 修平, 久保 公利, 久保田 良政, 坂本 直哉

臨床外科. 2015: 70(1): 6-11

切除不能膵癌に対する内視鏡的 intervention −現状と本邦よりのevidence−

河上 洋, ?谷 将城, 川久保 和道, 阿部 容子, 川畑 修平, 久保 公利, 久保田 良政, 坂本 直哉

肝胆膵. 2015: 68(6): 935-947

広範囲進展した乳頭型胆管癌

河上 洋

画像で見ぬく消化器疾患vol.4胆道・膵臓. 2014; 1: 68-69

IFN free治療とIFN(+)治療の棲み分け

狩野 吉康

Clinician. 2014: 61 (631): 17-23

3剤併用療法(テラブレピル)の足跡

狩野 吉康

医学のあゆみ. 2014: 246(3): 221-225

PIVKA IIの新しい展開−従来型 PIVKA IlとNX-PIVKA II−

狩野 吉康

日本臨床 最新肝癌学. 2015増刊号: 484-487

Daclatasvie(NS5A阻害剤)+Asunaprevir(プロテアーゼ阻害剤)併用療法

狩野 吉康

肝疾患Review 2014-2015. 2015: 112-117

>