業績

2005年度 :: 著書・雑誌 :: 邦文 :: 原著 :: 業績

下部消化管炎症におけるHeat Shock Proteinの役割

大川原辰也

潰瘍 Ulcer Research. 33: 71-73. 2006.3.

Survivinを標的とする免疫療法

小笠原正浩

血液・腫瘍科.50:197-204.2005.2.

グリベック耐性化機序の解明とその克服

小笠原正浩,米積 昌克,小林孝一郎,杉田 純一,賀川久美子,豊島 經康,今井 陽俊,小林 直樹,木山 善雄,笠井 正晴

札医通信増刊No.231,第30回札幌市医師会医学会誌.15-16.2005.

造血幹細胞移植における末梢血幹細胞採取

笠井 正晴

Clinical Engineering 16: 261-266. 2005.

大腸腫瘍に対する粘膜切除術(EMR)と内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の実態調査

加藤 元嗣,浜本 順博

大腸検査法学会誌.22:137-144.2005.12

H. pylori除菌後に認められた胃癌の特徴

加藤 元嗣,早川 敏文,中川 学,清水 勇一,吉田 武史,廣田ジョージョ,幡 有,小野 雄司,小野 尚子,横山 朗子,中井 義仁,森 康明,浅香 正博,中川 宗一

消化器科.41:402-405.2005.10

除菌後に認められた初発胃癌と二次胃癌の特徴

加藤 元嗣

日本ヘリコバクター学会誌.6:25-29.2005.6.

【Gastrointestinal Stromal Tumor(GIST)の基礎と臨床】 GISTに対するイマチニブのFDG-PETによる効果予測

小松 嘉人,結城 敏志,浅香 正博

消化器科.40:(6)633-638.2005.

高度に粘液を伴った膵癌の臨床病理学的解析

斎藤 誠

北海道医学雑誌.80:585-595.2005.6.

食道炎としてのminimal changeの意義

清水 勇一,山本 純司,吉田 武史,廣田ジョージョ,小野 雄司,中川 学,中川 宗一,加藤 元嗣,武田 宏司,浅香 正博

Pharma Medica. 23: 13-16. 2005.11.

造血器悪性腫瘍患者の好中球減少時におけるイトラコナゾ?ルカプセル剤200mg/日投与の真菌感染症の予防効果

東梅 友美,田中 淳司,太田 秀一,加藤菜穂子,梅原伸太郎,加畑 馨,豊島 経康,浅香 正博

The Japanese journal of antibiotics. 58: 507-517. 2005.

拡大内視鏡を用いた形態学的な胃炎診断

中川 宗一,加藤 元嗣,中川 学,浅香 正博

消化器科.41:121-127.2005.

E型ウイルス感染症.

髭 修平,白鳥 康史

ウイルス肝炎 update中外医学社:142-150.2005.

肝炎ウイルス以外のウイルスによる急性肝炎

髭 修平,千葉 勉,井廻 道夫

消化器疾患診療実践ガイド:622-624.2005.

肝エキノコックス症

髭 修平,小俣 政男,千葉 勉

専門医のための消化器病学:358-361.

WHO分類における新しい疾患群MDS/MPDの臨床像

福原 敬,柿木 康孝

臨床病理.54:243-249.2006.3.

介護老人保健施設におけるジェネリックの効用

南 勝,常松 潔,八木沢一明,大滝 みや,橋本 正文,山田 智昭,高橋 香織,尾崎 千秋,酒井 康人

札幌市医師会医学会誌.30:89-90.2005.11.

当科で経験した悪性貧血の検討―ヘリコバクターピロリ菌の関与を含めて―

森岡 正信,入江 達朗,斎藤 誠,若濱 理,佐賀 啓良,三和 公明

札医通信増刊.231:13-14.2005.11.

>