研修・大学院

後期研修医、消化器内科専攻希望者、腫瘍内科専攻希望者を募集しております

初期臨床研修制度の導入によって、大学を中心に回ってきた医師の教育システム、医師派遣システムは大きな変革を迎えました。 これからは、かつての学閥と呼ばれた構造は崩壊し、医師としての個人の能力を如何に磨くかが一層重要になると予想されます。 当科は消化器内科、腫瘍内科分野での専門医を育成すると共に、道内主要関連施設との連携の元に、内科医として要求される基本的なスキルも併せて身につけられる研修システムを提供しています。

また、大学院では一定期間の研究を行うことで、市中病院では難しい、学究的な思考も身につけることができます。後期研修からでも、後期研修が修了し専門分野の専攻からでも、広く門戸を開放しています。

北の大地、北海道で医師としてのスキルに磨きをかけませんか?
2012年6月19日の医局説明会の資料です(PDF:2.5MB)

北海道大学消化器内科について ~医局長より~

2012年3月に北海道大学として初めて消化器内科専門の医局としてとして新たなスタートを切りました。消化管(内視鏡グループ、炎症性腸疾患グループ)、肝臓グループ、胆膵グループ、化学療法グループの5つのグループが、それぞれ全国区の専門的な診療、教育、研究に活発に取り組んでいます。
また、現在では様々な分野で欠かせない基礎研究グループも新たに作られ、各グループと共に研究を行います。第3内科の時代から続く、分野に偏りなく皆で協力しあう明るい、良い雰囲気の医局であることが最大の特徴です。
初期は総合消化器内科、内科医として総合的な力がつくことを目指し、大学院では、学位取得のための研究はもちろん、各種専門医の取得、専門分野の知識、技術の修得に力を入れています。研究だけではなく、専門分野の知識、技術を身につけることが出来ること、全国に人脈が広がることが大きな魅力です。

北海道大学消化器内科では、一緒に診療、研究をしていく仲間を広く募集しています。研修3年目の新規入局はもちろん、途中入局も大歓迎です(私自身も他大学出身の途中入局です)。消化器内科に興味があるかたは、遠慮無く下記まで連絡をして下さい。見学、訪問も随時受け付けています。是非、一緒に頑張りましょう!

卒後臨床研修を希望される方へ

後期研修を希望される方へ

  • 消化器内科卒後研修案内(近日中に公開します)

(お問い合わせは、医局長まで)

北海道札幌市北区北15条西7丁目
TEL: 011-716-1161 (5922)
FAX: 011-706-7867
医局長: 桑谷 将城mkuwatan@med.hokudai.ac.jp