Accept論文

2009年

Reduced intensity conditioning regimen with fludarabine, busulfan, and low-dose TBI (Flu-BU2-TBI): clinical efficacy in high-risk patients

受理日:
Authors:
Mutsumi Takahata, Satoshi Hashino, Kohei Okada, Masahiro Onozawa, Kaoru Kahata, Junichi Sugita, Akio Shigematsu, Takeshi Kondo, Satoshi Yamamoto, Tomoyuki Endo, Mitsufumi Nishio, Yoichi M Ito, Junji Tanaka, Takao Koike, Masahiro Asaka, Masahiro Imamura
雑誌名:
American Journal of Hematology
コメント:

2003年から2009年までの7年間に当院第二内科、第三内科、血液内科で行った移植症例のまとめです。移植レジメン選択における患者個別化の可能性を考察する論文にしました。例によってすんなりアクセプトとはいかず、かなり時間がかかりましたが日の目を見ることが出来てよかったです。(高畑)

研修医の頃から力強い英文論文を書いていましたが、更に迫力が出てきました。やはり真面目でコツコツやる方は報われますね。2010年は公私とも更に充実した1年でありますようにお祈りしています。(橋野)

Osteonecrosis and panniculitis as life-threatening signs.

受理日:
Authors:
Kuwatani M, Kawakami H, Yamada Y.
雑誌名:
Clinical Gastroenterology and Hepatology (in press)
コメント:

とても印象深く,いろんなことを学ばせていただいた症例です.救えなかったのが何よりの心残りです.一流誌のCGHにアクセプトされ,感慨ひとしおです.

A wandering pancreatic mass.

受理日:
Authors:
Kuwatani M, Kawakami H, Haba S, Eto K, Onodera M, Asaka M.
雑誌名:
Internal Medicine (in press)
コメント:

経験して1年くらい経ってからふいに思い立った症例です.さらっと書いて,あわよくばCGHにアクセプトされればと投稿してみましたが,一流誌の壁は厚かったです.
でも,IMになんとか拾っていただいて幸いでした.

Long-term outcome of localized gastric marginal zone B-cell lymphoma of MALT type including incidence of metachronous gastric cancer

受理日:
Authors:
Ono S, Kato M, Takagi K, Kodaira J, Kubota K, Matsuno Y, Komatsu Y, Asaka M.
雑誌名:
Journal of Gastroenterology and Hepatology.
コメント:

MALTリンパ腫の長期成績と異時性胃癌の発生をまとめました。

Early-stage adenocarcinoma of the esophagogastric junction concurring on an inflammatory esophagogastric polyp dramatically disappeared after administering a proton pump inhibitor.

受理日:
Authors:
Takeshi Yoshida, Yuichi Shimizu, Jojo Hirota, Yuji Ono, Manabu Nakagawa, Shouko Ono, Souichi Nakagawa, Mototsugu Kato, Masahiro Asaka
雑誌名:
ENDOSCOPY
コメント:

清水グループに戻ってきて,初めて学会発表させていただき,色々勉強させていただいた症例で,形になってうれしい限りです.これからも,加藤先生,清水先生に少しでも恩返しができるように精進致します.

Phase II study of oxaliplatin plus S-1 as first-line treatment for advanced gastric cancer (G-SOX study).

受理日:
Authors:
Koizumi W, TakiuchiH, YamadaY, Boku N,FuseN, Muro K, Komatsu Y, Tsuburaya A.
雑誌名:
Ann Oncol. 2010 May;21(5):1001-5.
コメント:

オキサリプラチンを胃癌で使うための本邦におけるPhase II試験です。現在、これをもとに大規模無作為比較第2相試験が動いています。

Rikkunshito ameliorates the aging-associated decrease in ghrelin receptor reactivity via phosphodiesterase III inhibition.

受理日:
Authors:
Takeda H, Muto S, Hattori T, Sadakane C, Tsuchiya K, Katsurada T, Ohkawara T, Oridate N, Asaka M.
雑誌名:
ndocrinology. 151: 244-252, 2010
コメント:
-

Phase II study of motesanib in Japanese patients with advanced gastrointestinal stromal tumors with prior exposure to imatinib mesylate.

受理日:
Authors:
Sawaki A, Yamada Y, KomatsuY, Kanda T, Doi T, Koseki M, Baba H, Sun YN, Murakami K, Nishida T.
雑誌名:
Cancer Chemother Pharmacol. 2010 Apr;65(5):961-7.
コメント:

GISTの3次治療を開発するための開発試験です。当科からも、エントリーしましたが、残念ながらnegative studyとなりました。やはり開発治験はすべてpositive試験になる保証は無いという、厳しい結果となりました。

癌性リンパ管症を伴ったS状結腸癌に対して分子標的薬を併用した治療が奏効した1例

受理日:
Authors:
曽我部 進, 結城 敏志, 高木 智史, 宮崎 拓自, 高野 博信, 川本 泰之, 中積 宏之, 佐々木 尚英, 岩永 一郎, 上畠 寧子, 浅香 正博, 小松 嘉人
雑誌名:
癌と化学療法
コメント:

Bevacizumab・Cetuximabによって癌性リンパ管症が改善した報告です。癌性リンパ管症が併存していても全身状態良好であれば、標準的治療を選択するべき事を示す重要な症例報告です。(結城)

HIV増加時に再燃を来したHIV関連血小板減少症の1例

受理日:
Authors:
小野澤真弘、橋野聡、岡田耕平、守田玲菜、高畑むつみ、重松明男、加畑馨、近藤健、浅香正博
雑誌名:
日本エイズ学会誌
コメント:
-

Low-grade dysplasia component in early invasive squamous cell carcinoma of the esophagus

受理日:
Authors:
Shimizu Y, Yoshida T, Kato M, Hirota J, Ono S, Nakagawa M, Kobayashi T, Kubota K, Asaka M.
雑誌名:
Journal of Gastroenterology and Hepatology
コメント:

WHO病理分類の矛盾点、基底層型上皮内癌の概念の必要性を鋭く突いたのですが......、欧米の病理医には受け入れてもらえませんでした。しょうがないのでJGHにまわして日本人reviewerを指名したら一発acceptしてくれました。まあ、形になって良かったです。

ERC versus peroral cholangioscopy to diagnose the presence and extent of proximal and distal extensive intraepithelial tumor spread in biliary cancer

受理日:
Authors:
Hiroshi Kawakami, Masaki Kuwatani, Kazunori Etoh, Shin Haba, Hiroaki Yamato, Keisuke Shinada, Yoshitsugu Nakanishi, Eiichi Tanaka, Satoshi Hirano, Satoshi Kondo, Kanako Kubota, and Masahiro Asaka
雑誌名:
Endoscopy
コメント:

助手(助教)になってからコツコツと症例を積み重ね,現在までの4年間の集大成です.Acceptされ本当に良かったと思っています.関係者の皆様に厚く御礼申し上げます.さて,足かけ8ヵ月に及ぶ奮戦を少しだけ紹介します.まず最初に某誌に投稿しましたが,残念ながらReject-resubmit (opportunity to resubmit) との評価を受けました.ただちに,point-by-pointで修正して(したつもり)再投稿しましたが,数ヵ月も待たされた揚句に,"Unfortunately due to the large number of grammatical errors we cannot accept this manuscript in its current form." との一言によりrejectされました.(自身の落ち度は無謀にも考えず)決まり文句か!と怒りながら,Endoscopyに投稿しました.しかし,またもや某誌同様にReject-resubmit (opportunity to resubmit) との評価を受けました.どうやら,胆管癌における胆道鏡の適応について(クドクド書いたにも関わらず)全く理解されていないようでした.本邦における経口胆道鏡検査については第一線をリードしているつもりでしたが,これを根底から覆される状況で,胆道鏡が闇に葬られるのではないか...と悶絶状態でした.クドクドの二乗により理解を求め,何とかこぎつけることが出来ました.今回の経験から,"諦めの悪さも大事なり","Editorは偉大なり",との貴重な経験をさせて頂きました.

非血縁者間骨髄移植後に生じた化膿性脊椎炎

受理日:
Authors:
向山佳宏、橋野 聡、小野澤真弘、岡田耕平、高畑むつみ、加畑 馨、浅香正博
雑誌名:
臨床血液
コメント:

今回は小野澤先生が良く論文の指導をしてくれました。それに答えた研修医も立派です。(橋野)

A prospective randomized controlled multicenter trial of duodenoscopes with 5°and 15°backward-oblique angle using wire-guided cannulation: effects on selective cannulation of the common bile duct in endoscopic retrograde cholangiopancreatography

受理日:
Authors:
Hiroshi Kawakami, Hiroyuki Maguchi, Tsuyoshi Hayashi, Nobuyuki Yanagawa, Atsushi Chiba, Hiroyuki Hisai, Hisato Amizuka
雑誌名:
Journal of Gastroenterology
コメント:

多施設共同prospective RCTをまとめました.久しぶりのacceptです.早急なreviewでしたので,旬な内に形にできました.次回は全国prospective RCTを遂行し,形にできるように頑張ります.

Metachronous gastric cancer following complete remission of gastric MALT lymphoma

受理日:
Authors:
Shouko ONO, Mototsugu KATO, Kikuko TAKAGI, Junichi KODAIRA, Kanako KUBOTA , Yoshihiro MATSUNO, Yoshito KOMATSU, Masahiro ASAKA
雑誌名:
Annals of Oncology
コメント:

今回はLetters to the editorですが、当院でのMALTリンパ腫の症例が蓄積されてきました。

Clonal switch of leukemic myeloblasts after chemotherapy in a patient with chronic myeloproliferative disorder

受理日:
Authors:
Satoshi Hashino, Fumie Fujisawa, Mutsumi Takahata, Koh Izumiyama, Masakatsu Yonezumi, Koji Chiba, Takeshi Kondo, Sachiko Suzuki, Masahiro Asaka
雑誌名:
Acta Haematol
コメント:

良いのか悪いのか分かりませんが、この年で症例報告も書いています。

特発性血小板減少性紫斑病の経過中にHelicobacter pylori除菌療法により軽快した鉄欠乏性貧血

受理日:
Authors:
守田玲菜 、橋野 聡、岡田 耕平、高畑 むつみ、小野澤真弘、加畑 馨、近藤 健、今村雅寛、浅香正博
雑誌名:
臨床血液
コメント:

実験研究期間にも臨床論文を書き続けるのは小野澤先生だけかと思っていましたが違いました(橋野)

著明な膵管内発育と逆行性門脈内発育による脾内進展を呈した膵内分泌腫瘍の1例

受理日:
Authors:
江藤和範,河上 洋,桑谷将城,羽場 真,久保田佳奈子,近藤 哲,浅香正博
雑誌名:
膵臓
コメント:

症例報告ですが,形になりました.次は英文を書きます!
(EUS-FNAネタで頑張って下さい:河上 談)

Fascin is involved in tumor necrosis factor (TNF)-α-dependent production of MMP9 in cholangiocarcinoma

受理日:
Authors:
Manabu Onodera, Yoh Zen, Kenichi Harada, Yasunori Sato, Hiroko Ikeda, Keita Itatsu, Hiroshi Sato, Tetsuo Ohta, Masahiro Asaka, Yasuni Nakanuma
雑誌名:
Laboratory investigation
コメント:

投稿3誌目で掲載の運びとなりました.御指導頂いた皆様に御礼を申し上げます.今後とも精進して頑張ります.
(今後の応用はいかに? 河上 談)

The influence of hepatitis B DNA level and antiviral therapy on recurrence after initial curative treatment in patients with hepatocellular carcinoma

受理日:
Authors:
Makoto Chuma, Shuhei Hige, Toshiya Kamiyama, Takashi Meguro, Atsushi Nagasaka, Yoshiya Yamamoto, Mitsuru Nakanishi, Toshihisa Kohara, Takuya Sho, Keiko Yamamoto, Hiromasa Horimoto, Tomoe Kobayashi, Hideki Yokoo, Kazuaki Nakanishi, Michiaki Matsushita, Satoru Todo, and Masahiro Asaka
雑誌名:
Journal of Gastroenterology
コメント:

Retrospectiveですが、多施設共同の studyです。Dataをお送り頂いた北海道消化器科病院の目黒先生、市立札幌病院の永坂先生、市立函館病院の山本先生に深謝致します。(文責:中馬)

Preliminary Trial of Rebamipide for Prevention of Low-Dose Aspirin-Induced Gastric Injury in Healthy Subjects - A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled, Cross-Over Study -

受理日:
Authors:
Shouko Ono, Mototsugu Kato, Aki Imai, Takeshi Yoshida, Jojo Hirota, Tamotsu Hata, Kikuko Takagi, Go Kamada, Yugi Ono, Manabu Nakagawa, Souichi Nakagawa, Yuichi Shimizu, Hiroshi Takeda, Masahiro Asaka
雑誌名:
Journal of Clinical Biochemistry and Nutrition
コメント:

小野尚子先生の学位の一部成績ですが、受理までに約2年かかりました。粘ることも大事です。(文責:加藤元嗣)

Successful salvage EMR for residual superficial hypopharyngeal carcinoma after chemoradiotherapy: A long-term survival case.

受理日:
Authors:
Takeshi Yoshida, Yuichi Shimizu, Shouko Ono, Nobuhiko Oridate, Mototsugu Kato, Masahiro Asaka
雑誌名:
ENDOSCOPY
コメント:
-

同種骨髄移植後生着前の総胆管結石症に対し、内視鏡的胆道ドレナージを施行した再生不良性貧血

受理日:
Authors:
岡田耕平、橋野 聡、高畑むつみ、小野澤真弘、加畑 馨、近藤 健、今村雅寛、浅香正博
雑誌名:
臨床血液
コメント:
-

下部胆管に発生したadenomyomatous hyperplasiaの1例

受理日:
Authors:
羽場 真,河上 洋,桑谷将城,江藤和範,近藤 哲,浅香正博
雑誌名:
胆道
コメント:

医師人生初めての論文で分からないことが沢山ありましたが,河上先生に丁寧に添削を頂き,何とか形にすることができました.これからも頑張ります.
(ではもう1本いってもらいましょう:河上 談)

Incidence and risk of post-herpetic neuralgia after varicella zoster virus infection in hematopoietic cell transplantation recipients: Hokkaido Hematology Study Group

受理日:
Authors:
Masahiro Onozawa, Satoshi Hashino, Yoshifumi Haseyama, Yasuo Hirayama, Susumu Iizuka, Tadao Ishida, Makoto Kaneda, Hajime Kobayashi, Ryoji Kobayashi, Kyuhei Koda, Mitsutoshi Kurosawa, Nobuo Masauji, Takuya Matsunaga, Akio Mori, Masaya Mukai, Mitsufumi Nishio, Satoshi Noto, Shuichi Ota, Hajime Sakai, Nobuhiro Suzuki, Tohru Takahashi, Junji Tanaka, Yoshihiro Torimoto, Makoto Yoshida, Takashi Fukuhara
雑誌名:
Biology of Blood and Marrow Transplantation
コメント:

道内3大学とその関連病院の力を結集した「北海道血液症例検討会(HHSG)」のアンケート調査です。北海道という単一地域のほぼ全症例を網羅した調査結果であり、わずか2年の調査対象期間で418例におよぶ造血細胞移植症例を登録いただきました。アンケートにご協力いただきました先生方に厚く御礼申し上げます。(文責:小野澤)

Modalities for evaluating chemotherapeutic efficacy and survival time in patients with advanced pancreatic cancer: Comparison between FDG-PET, CT, and serum tumor markers

受理日:
Authors:
Masaki Kuwatani, Hiroshi Kawakami, Kazunori Etoh, Shin Haba, Tohru Shiga, Nagara Tamaki, Masahiro Asaka
雑誌名:
Internal medicine
コメント:

足かけ10ヵ月.イヤーッ....とにかくacceptされて何よりです.PET/CTが流通する前の駆け込みセーフでした.次回はもうワンランク上を目指します.
(北大オリジナルの研究をお願いします:河上 談)

Effects of preoperative administration of omeprazole on bleeding after endoscopic submucosal dissection: A prospective randomized controlled trial

受理日:
Authors:
Shouko ONO, Mototsugu KATO, Yuji ONO, Manabu NAKAGAWA, Souichi NAKAGAWA, Yuichi SHIMIZU, Masahiro ASAKA
雑誌名:
Endoscopy
コメント:
-

Long-term outcome after endoscopic resection in patients with hypopharyngeal carcinoma invading the subepithelium - a case series

受理日:
Authors:
Shimizu Y, Yoshida T, Kato M, Ono S, Nakagawa M, Homma A, Oridate N, Asaka M
雑誌名:
Endoscopy
コメント:
-