業績

2012年度 :: 学会発表 :: 国内学会 :: 研究会 :: 業績

第7回NET Work Japan
2012.2. 東京.

<ポスター>
碇  修二
門脈腫瘍栓および膵管内進展を伴い、術前診断が困難であった膵内分泌腫瘍の1例

オホーツク医学大会
2012.3. 北見市.

<シンポジウム>
上林  実
北見赤十字病院における消化器がん診療の現状

第16回北海道肝癌治療研究会
2012.4. 札幌.

<一般口演>
山本 義也,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
放射線併用動注化学療法が奏功した肝細胞癌胆管浸潤の1例

札幌胃と腸を診る会4月例会
2012.4. 札幌.

<一般口演>
小平 純一
高分化管状腺癌と鑑別が困難であった胃腺腫の1例

がん特別セミナー2012
2012.4. 札幌.

<セミナー>
狩野 吉康
肝炎、肝がんにどう立ち向かうか

札幌薬剤師臨床セミナー
2012.5. 札幌.

<講演>
間部 克裕
ポストピロリ菌時代の上腹部症状:機能性ディスペプシアの診断と治療

Medical Oncology
2012.5. 函館.

<セミナー>
山本 義也,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
肝癌診療のup-to-date

第1回胃がんリスク評価に関する研究会
2012.6. 熊本.

<一般口演>
間部 克裕,大泉 晴史,加藤 元嗣
胃がんリスク診断と胃癌予防:夕張市と山形市での取り組み

第2回市民公開セミナー もっと知ってほしい「がんと漢方薬」のこと 漢方薬の現状とこれから
2012.6. 東京.

<講演>
大西 俊介
漢方薬って本当に効くの?~漢方薬の効果を確かめる質の高い臨床研究とは~

第35回消化器内視鏡若手の会
2012.6. 東京.

<特別講演>
間部 克裕
日本における胃癌撲滅プロジェクト:H.pylori除菌による胃発癌予防

膵神経内分泌腫瘍症例検討会
2012.6. 東京.

<一般口演>
林  秀幸,坂本 康成,山口 智宏,近藤 俊輔,森実 千種,上野 秀樹,奥坂 拓志
間質性肺炎発症後も、アフィニトールの再投与による治療継続が可能であった一例

第23回北海道肝癌研究会
2012.6. 札幌.

<一般口演>
小川 浩司,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
HBs抗原陰性、血清HBV DNA陽性肝細胞癌の2例

大村 卓味
転移性肝腫瘍に対する経皮的ラジオ波凝固療法の現状

第5回 結腸癌術後補助化学療法ミーティング
2012.6. 札幌.

<講演>
結城 敏志
結腸癌術後補助化学療法における最近の話題

札幌胃癌フォーラム
2012.6. 札幌.

<講演>
結城 敏志
日常診療における胃癌化学療法について

第3回 北大病院腫瘍センター・市民公開講座 膵臓がんについて知ろう!最新の診断・治療まで
2012.6. 札幌.

<講演>
小松 嘉人
北大腫瘍センター・市民公開講座について

佐々木尚英
膵がんの抗がん剤治療

桑谷 将城
難敵,膵癌に迫る

第273回 函館病院薬剤師会例会 がん専門薬剤師セミナー
2012.6. 函館.

<講演>
小松 嘉人
消化器がんの化学療法最新の話題

がん・緩和ケアフォーラム in 八王子
2012.6. 東京.

<講演>
小松 嘉人
最新の進行消化器癌薬物療法と支持療法

函館市外科会 学術講演会
2012.6. 函館.

<講演>
小松 嘉人
最新の進行消化器癌薬物療法と支持療法

第25回肝臓フォーラム東部
2012.6. 東京.

<セミナー>
狩野 吉康
国内開発治験からみたテラプレビル/PEG/RBV三剤併用療法 ~TVR投与量の検討~

第51回日本消化器がん検診学会総会付置研究会
2012.6. 熊本.

<一般口演>
間部 克裕,大泉 晴史,加藤 元嗣
胃癌リスク診断と胃癌予防 夕張市と山形市での取り組み

第11回札幌GERD講演会
2012.7. 札幌.

<一般口演>
間部 克裕,加藤 元嗣
実地臨床におけるGERDQの有用性

第4回消化器内視鏡カンファレンス
2012.7. 東京.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡治療における抗凝固薬・抗血小板薬の休薬方法~札幌コンセンサスから~

第6回 結腸癌術後補助化学療法ミーティング
2012.7. 札幌.

<講演>
福島  拓
大腸癌術後補助化学療法の今後の展望

第48回日本肝癌研究会
2012.7. 金沢.

<一般口演>
狩野 吉康,木村 睦海,荒川 智宏,中島 知明,桑田 靖昭,小関  至,佐藤 隆啓,大村 卓味,髭  修平,豊田 成司
高感度AFP L3分画測定の肝発癌予測性の検討

<ポスター>
中西  満,中馬  誠,山本 義也,常松 聖司,佃  曜子,寺下 勝巳,中井 正人,小林 智絵,夏井坂光輝,田口 大志,加藤 徳雄,白土 博樹,坂本直哉
肝細胞癌に対する動体追跡照射の有用性

小川 浩司,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
肝細胞癌分化を伴った胆管細胞癌の1切除例

<シンポジウム>
狩野 吉康
テラプレビル/ペグインターフェロン/リバビリン三剤併用療法国内臨床試験の検証

<パネルディスカッション>
大村 卓味,桑田 靖昭,荒川 智宏,木村 睦海,中島 知明,小関  至,佐藤 隆啓,髭  修平,狩野 吉康,豊田 成司,市原  真,村岡 俊二
細胆管細胞癌の画像所見および臨床経過の検討

苫小牧大腸癌セミナー
2012.7. 苫小牧.

<講演>
小松 嘉人
大腸癌治療の最前線

北海道GIST conference
2012.7. 札幌.

<講演>
小林 良充
北大におけるイマチニブ耐性GISTに対するSunitinibの有効性・安全性

小松 嘉人
北海道内におけるGIST薬物療法の現状(アンケート調査結果)

長崎大腸癌セミナー
2012.7. 長崎.

<講演>
小松 嘉人
大腸癌の最新知見

第29回北海道消化器内視鏡地区懇談会
2012.8. 札幌.

<セミナー>
河上  洋
Wire-guided cannulation (WGC)

化学療法セミナー in HAKODATE
2012.8. 函館.

<講演>
小松 嘉人
大腸癌化学療法における副作用管理 ーセツキシマブの使用経験を踏まえー

C型慢性肝炎学術講演会
2012.8. 函館.

<セミナー>
山本 義也,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
C型慢性肝炎に対する3剤併用療法の使用経験

第6回札幌拡大内視鏡研究会
2012.8. 札幌.

<一般口演>
小平 純一,間部 克裕
深達度診断が困難であった胃型腺癌の1例

第16回GUT conference.
2012.8. 札幌.

<セミナー>
桂田 武彦,小林 和夏
膿瘍に難渋しているクローン病の1例

稚内上部消化管疾患セミナー
2012.8. 稚内.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時における抗血栓薬の安全な休薬を目指して~札幌コンセンサスの取り組み~

網走市医師会学術講演会
2012.8. 網走.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時における抗血栓薬の安全な休薬を目指して

Next lecture meeting
2012.8. 室蘭.

<特別講演>
間部 克裕
抗血栓薬を安全に使うために

福島町健康フェスティバル
2012.8. 福島.

<講演>
間部 克裕
これからの胃がん検診と胃がん予防

第57回日本消化器画像診断研究会
2012.8. 宮城.

<一般口演>
碇  修二
膵嚢胞および分岐膵管拡張の経過観察中に出現したstage~膵管癌の1切除例~

第1回消化管先進画像診断研究会
2012.9. 東京.

<講義>
加藤 貴司
講義1読影の基本的な流れ

北海道大学薬学部生涯教育特別講座秋期講演会
2012.9. 札幌.

<セミナー>
狩野 吉康
C型肝炎治療のRapid stream

Chugai Colorectal Cancer Symposium in Sapporo
2012.9. 札幌.

<講演>
結城 敏志
ASCO2012レポート

北海道大腸癌化学療法Meeting
2012.9. 札幌.

<講演>
結城 敏志
切除不能大腸癌の新たな治療戦略

小松 嘉人
大腸癌化学療法の新しい方向性

北見市民公開講座
2012.9. 北見.

<シンポジウム>
岩永 一郎
当院の化学療法の現状について

消化管フォーラムin苫小牧
2012.9. 苫小牧.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡施行時に抗血栓薬をどう対処するか? 新ガイドラインと札幌コンセンサスの取り組み

第18回福島県消化器病研究会
2012.9. 福島.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時における抗血栓薬の安全な休薬を目指して~札幌コンセンサスの取り組み~

北海道性差医学・医療研究会 第11回学術講演会
2012.10. 札幌.

<講演>
大西 俊介
ストレスによる消化管症状と性差

Chugai Colorectal Cancer Symposium 2012
2012.10. 東京.

<講演>
小松 嘉人
Short Lecture:BBPのClinical Question

広島GIST conference
2012.10. 広島.

<講演>
小松 嘉人
再発GIST治療選択

第30回北海道クローン病検討会
2012.10. 札幌.

<一般口演>
桂田 武彦, 小林 和夏
IBD教室による成分栄養剤投与量の増加効果

佐賀県医師会学術講演会
2012.10. 佐賀.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時における抗血栓薬の安全な休薬を目指して~札幌コンセンサスの取り組み~

抗血小板療法による消化管障害を考える
2012.10. 札幌.

<パネルディスカッション>
間部 克裕
抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン~札幌コンセンサスと新ガイドライン~

第4回狭山肝疾患連携の会
2012.10. 狭山.

<講演>
狩野 吉康
C型肝炎治療のRapid stream

第7回大分HBV研究会総会学術講演会
2012.11. 大分.

<講演>
狩野 吉康
B型肝炎診療のPit fall ~あなどれないB型肝炎~

IBD学術講演会
2012.11. 札幌.

<セミナー>
桂田 武彦,小林 和夏,坂本 直哉
IBD診療の最適化(Optimization)~IBD診療におけるポイント~

第19回IBDミニカンファレンス
2012.11. 札幌.

<セミナー>
桂田 武彦
潰瘍性大腸炎治療のコツとピットフォール

第15回北海道EDS Biliary Advisory Board
2012.11. 札幌.

<一般口演>
羽場  真
EUS-FNAを上手に行うために ~描出のコツ~

第201回 薬剤師臨床セミナー
2012.11. 札幌.

<講演>
小松 嘉人
最新の進行消化器癌薬物療法と支持療法

北大病院腫瘍センター・市民公開講座 肺がんについて知ろう!最新の診断・治療まで
2012.11. 札幌.

<講演>
小松 嘉人
北大腫瘍センター・市民公開講座について

札幌胃と腸を診る会11月例会
2012.11. 札幌.

<一般口演>
小平 純一
NBI拡大観察で組織型確定可能であった中分化管状腺癌の1例

大阪胃癌学術講演会
2012.11. 大阪.

<講演>
小松 嘉人
手術不能進行胃癌に対する新しい治療戦略

日胆がんフォーラム
2012.11. 苫小牧.

<講演>
福島  拓
大腸癌化学療法の副作用対策と最近の話題

札幌コンセンサス勉強会in 北見
2012.11. 北見.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時における抗血栓薬の安全な休薬を目指して~札幌コンセンサスの取り組み~

札幌学術講演会:より安全な抗血栓薬の休薬と開始時期を考える
2012.11. 札幌.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡学会の新ガイドラインと札幌コンセンサス

第6回四国経鼻内視鏡セミナーin高松
2012.11. 高松.

<特別講演>
間部 克裕
胃癌撲滅の戦略

第1回消化器内視鏡最前線
2012.11. 札幌.

<講演>
間部 克裕
内視鏡手技におけるこれからの抗血栓薬の扱い方

Acid-related disease seminar in Sapporo
2012.11. 札幌.

<一般口演>
加藤 貴司,木下 幸寿,佐々木清貴,加賀谷英俊,藤澤 良樹,町田 卓郎,碇  修二,山田 裕人,中村 英明,目黒 高志,堀田 彰一
胃ESDの後出血症例の検討

第50回小腸研究会
2012.11. 京都.

<一般口演>
佐々木清貴,加藤 貴司,木下 幸寿,藤澤 良樹,町田 卓郎,碇  修二,山田 裕人,中村 英明,加賀谷英俊,目黒 高志,堀田 彰一
小腸GIST症例の検討

宮川庚子財団研修会
2012.12. 東京.

<一般口演>
髭  修平
B型肝炎治療とウイルスマーカーの変化 ーIFNと核酸アナログの作用の違い

京滋ウイルス性肝炎治療検討会
2012.12. 京都.

<講演>
狩野 吉康
C型肝炎の抗ウイルス療法~三剤併用療法をいかに用いるか~

第1回京都第二赤十字病院,九州大学,北海道大学?合同TVカンファレンス
2012.12. 札幌.

<セミナー>
河上  洋
Wire-guided cannulation~本邦での位置づけは?~

青森食道癌カンファレンス
2012.12. 青森.

<講演>
小松 嘉人
進行再発食道癌治療の今後の展開

第12回頭頸部表在癌研究会
2013.1. 東京.

<一般口演>
高橋 正和,清水 勇一,大野 正芳,石垣 沙織,鈴木 美櫻,小野 尚子,間部 克裕,加藤 元嗣,坂本 直哉
原発不明癌頸部リンパ節転移として精査加療中に上部消化管内視鏡にて発見された中咽頭癌の1例

JIMRO社内講演
2013.1. 東京.

<セミナー>
桂田 武彦
「炎症性腸疾患~患者として、医師として考える」

第78回 大腸癌研究会
2013.1. 東京.

<ランチョンセミナー>
結城 敏志
大腸癌化学療法における副作用管理のポイント~抗がん剤をどう使いこなすか?~

第9回札幌拡大内視鏡研究会
2013.1. 札幌.

<一般口演>
小平 純一,間部 克裕
炎症と鑑別困難であった分化型腺癌の1例

第48回北海道リウマチ膠原病談話会
2013.1. 札幌.

<一般口演>
草島英梨香,村中 徹人,澤田憲太郎,笠原 耕平,安孫子怜史,藤澤 倫子,梅村真知子,加藤  励,高坂 琢磨,高橋 一宏,曽我部 進,山本 文泰,小田  寿,宮城島拓人,高橋 達郎
Tocilizumabが著効した続発性消化管アミロイドーシス

釧路大腸癌講演会
2013.1. 釧路.

<講演>
小松 嘉人
大腸癌化学療法におけるIRIS療法の役割

第6回北海道小腸疾患研究会
2013.1. 札幌.

<一般口演>
佐々木清貴
当院におけるカプセル内視鏡検査の現状と課題

第7回日本肝がん分子標的治療研究会
2013.1. 岐阜.

<一般口演>
中西  満,中馬  誠,常松 聖司,佃  曜子,寺下 勝巳,中井 正人,小林 智絵,須田 剛生,夏井坂光輝,目黒 高志,永坂  敦,中村 路夫,山本 義也,小川 浩司,坂本 直哉
分子標的薬と殺細胞性薬剤併用による治療効果増強の検証ー高度進行肝癌に対する5-FU+ソラフェニブ併用療法の臨床第?相試験ー

<シンポジウム>
中馬  誠,山本 義也,中西  満,目黒 高志,永坂  敦,川村 直之,小川 浩司,中村 路夫,武藤 修一,上林  実,曽我部 進,寺下 勝巳,佃  曜子,常松 聖司,小林 智絵,荘  拓也,夏井坂光輝,宮城島拓人,坂本 直哉
進行肝細胞癌に対する分子標的治療の位置づけについて;肝動注療法との比較成績

第8回NET Work Japan
2013.2. 大阪.

<ポスター>
碇  修二
一過性の黒色便を契機に発見された小腸カルチノイドの1例

大腸癌治療セミナー in Kobe
2013.2. 神戸.

<講演>
小松 嘉人
大腸癌術後補助化学療法~オキサリプラチンは必要か?~

道南B型慢性肝疾患病診連携セミナー
2013.2. 函館.

<セミナー>
小川 浩司,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
当科におけるHBV肝癌の臨床的特徴と紹介事例

山本 義也,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
B型肝炎の病態と治療~病診連携パスに向けて~

宮城県がん検診フォーラム
2013.2. 仙台.

<特別講演>
間部 克裕
胃がん撲滅のゴールに向けた除菌治療と胃がん検診を考える

平成24年度第4回余市医師会学術講演会
2013.2. 余市.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時における抗血栓薬の安全な休薬を目指して:札幌コンセンサスの取り組み

上川北部GERD講演会
2013.2. 名寄.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時における抗血栓薬の安全な休薬を目指して:札幌コンセンサスの取り組み

C型慢性肝炎学術講演会~テラビックの臨床~
2013.2. 宇部.

<講演>
狩野 吉康
TVR/PEG-IFN/RBV三剤併用療法を如何に効率的に行うか

佐賀肝炎セミナー
2013.3. 佐賀.

<講演>
狩野 吉康
三剤併用療法を如何に安全に施行するかーコ・メディカルと共にー

Takeda GI Conference in Sapporo
2013.3. 札幌.

<講演>
間部 克裕
H. pylori除菌療法による胃がん1次予防と2次予防の戦略

第4回西濃消化器病診連携の会
2013.3. 大垣.

<特別講演>
間部 克裕
内視鏡時の抗血栓薬休薬方法:病診連携を考えた札幌コンセンサス

第58回日本消化器画像診断研究会
2013.3. 沖縄.

<一般口演>
碇  修二,佐々木清貴,堀田 彰一,高橋 利幸
Ecteropathy associated T-cell lymphomaの1例

北海道大学病院 腫瘍センター 高度ながん早期診断研修会 合同カンファレンス
2013.3. 札幌.

<講演>
小松 嘉人
事例に基づいたカンファレンス

第20回近畿GIST研究会
2013.3. 大阪.

<講演>
小松 嘉人
EBM of the adjuvant chemotherapy for the GIST

第10回札幌拡大内視鏡研究会
2013.3. 札幌.

<一般口演>
小平 純一,間部 克裕
異なる進展形式を示す高分化管状腺癌

第3回北海道HIV情報交換会
2013.3. 札幌

<一般口演>
宮城島拓人
ART治療中に発症したHIV陽性多発性骨髄腫の治療経験

Hokkaido DD Club
2013.3. 札幌.

<一般口演>
小川 浩司,木下 賢治,原田 一顕,川本 泰之,大和 弘明,畑中 一映,山本 義也,成瀬 宏仁
当科における非B非C肝癌の現況

>