業績

2010年度 :: 著書・雑誌 :: 邦文 :: 総説 :: 業績

日本ヘリコバクター学会ガイドラインで主張したかったこと

浅香 正博

jmed mookピロリ菌除菌治療.8:106-108.2010.

胃癌の予防は本当に可能なのだろうか?

浅香 正博

細胞工学.29:565-566.2010.5.

序文:Helicobacter Year Book-Annual Review 2009

浅香 正博

Helicobacter Research.14:149-150.2010.6.

大腸癌予防の理論構築に向けて-巻頭言

浅香 正博

GI FOREFRONT.6:13.2010.6.

胃癌撲滅の方策とは;Message from editor

浅香 正博

GI FOREFRONT.6:86-87.2010.6.

医療危機を回避するために

浅香 正博,桜井  充

Frontier in Gastroenterology.15:199-206.2010.7.

編集後記

浅香 正博

Frontier in Gastroenterology.15:349.2010.7.

胃癌の最新知見-特集にあたって-

浅香 正博

Pharma Medica.28:11-12.2010.8.

Helicobacter pylori 除菌保険適応拡大の道のりとその意義

浅香 正博

Helicobacter Research.14:283-286.2010.8.

序文:Helicobacter pylori 除菌治療の保険適応拡大

浅香 正博

Helicobacter Research.14:282.2010.8.

ヘリコバクター・ピロリ除菌による胃癌予防

浅香 正博

"医学の歩み 別冊""消化管癌Update"".:107-110.2010.8."

新規化学療法・抗がん剤の新たなコンビネーションやリポ化ドキソルビシンによるDDS

今村 雅寛

北海道医報.:14-18.2010.8.

H. pylori 感染の胃粘膜拡大内視鏡

小野 尚子,加藤 元嗣

日本ヘリコバクター学会誌.12:7-11.2010.5.

Helicobacter pylori 除菌後の経時的拡大内視鏡像の変化

小野 尚子,加藤 元嗣,浅香 正博

消化器内科.51:252-257.2010.9.

高齢者胃潰瘍とH. pylori 感染

小野 尚子,加藤 元嗣,浅香 正博

日本臨床.68:1978-1982.2010.11.

Graft-versus-host diseaseの消化管病変

小野 尚子,加藤 元嗣,久保田佳奈子,高橋 正和,清水 勇一,橋野  聡,浅香 正博,重松 明男

胃と腸.46:283-293.2011.3.

アスピリンによる上部消化管傷害の臨床的特徴と診断

加藤 元嗣,小野 尚子,間部 克裕,清水 勇一,浅香 正博

血栓と循環.18:180-186.2010.6.

ヘリコバクターピロリ(IgG抗体,尿素呼気試験,便中ヘリコバクターピロリ抗原)

加藤 元嗣

日本臨床.68:183-188.2010.6.

胃炎・胃潰瘍

加藤 元嗣

綜合臨床.59:992-996.2010.6.

早期胃癌内視鏡手術後の除菌と経過観察

加藤 元嗣

Helicobacter Research.14:297-301.2010.8.

除菌後胃癌の特徴

加藤 元嗣,小野 尚子,高橋 正和,品田 恵佐,羽田 政平,山本 桂子,吉田 武史,清水 勇一,浅香 正博,中川  学,中川 宗一,園田 範和

Pharma Medica.28:55-59.2010.8.

消化性潰瘍治療薬

加藤 元嗣

看護技術.56:774-778.2010.8.

早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃

加藤 元嗣,小野 尚子,浅香 正博

Medicina.47:1754-1757.2010.10.

低用量アスピリンによる高齢者胃潰瘍の治療・予防におけるH. pylori 除菌の意義

加藤 元嗣,小野 尚子,吉田 武史,間部 克裕,清水 勇一,浅香 正博

日本臨床.68:2089-2095.2010.11.

Helicobacter pylori 除菌療法による胃癌予防の実際

加藤 元嗣,小野 尚子,吉田 武史,間部 克裕,清水 勇一,浅香 正博

消化器の臨床.13:643-648.2010.12.

その他のJGSGプロジェクト進行状況報告

加藤 元嗣

GI Forefront.6:136-140.2011.1.

除菌後胃癌はなぜ発生するのか?減少させることは可能か?基調講演

加藤 元嗣

GI Forefront.6:107-112.2011.1.

H. pylori 除菌後の多発胃癌

加藤 元嗣,小野 尚子,高橋 正和,品田 恵佐,羽田 政平,山本 桂子,吉田 武史,間部 克裕,清水 勇一,浅香 正博,中川  学,中川 宗一,森  康明

胃と腸.46:75-82.2011.1.

ピロリ菌の知識 Q&A

加藤 元嗣,間部 克裕

消化器外科Nursing.16:81-91.2011.2.

Helicobacter pylori 感染と逆流性

加藤 元嗣,小野 尚子,高橋 正和,品田 恵佐,羽田 政平,山本 桂子,吉田 武史,間部 克裕,清水 勇一,浅香 正博,中川  学,中川 宗一,森  康明

Helicobacter Research.15:14-19.2011.2.

臨床:胃癌発生の原因となるか Helicobacter pylori の最近の話題

加藤 元嗣,浅香 正博

Medical Practice.28:253-257.2011.2.

C型慢性肝炎のpeg-IFN/RBV療法無効例の対策 peg-IFN/RBV療法の無効要因と対策

狩野 吉康,赤池  淳,小関  至,豊田 成司

月刊消化器内科.50:588-594.2010.6.

慢性ウイルス肝炎-治療の新たな展開 慢性ウイルス肝炎に対する抗ウイルス療法 ペグインターフェロン・リバビリン併用療法とその副作用対策

狩野 吉康,赤池  淳,豊田 成司

カレントテラピー.28:730-734.2010.8.

劇症肝炎,亜急性肝炎,肝不全,肝性昏睡 亜急性肝炎(SAH)

狩野 吉康

日本臨床 別冊.肝・胆道系症候群1 肝臓編(上):295-298.2010.9.

慢性肝炎

狩野 吉康

2011今日の治療指針.南江堂:483-486.2011.1.

胆管狭窄に対するStenting strategy悪性肝門部胆管狭窄

河上  洋,桑谷 将城,羽場  真,小野寺 学,江藤 和範,工藤 大樹,江平 宣起,大和 弘明,近藤  哲,浅香 正博

9)アプローチルートの選択(内視鏡か経皮か)

早期胆管癌

河上  洋,桑谷 将城,江藤 和範,工藤 大樹,江平 宣起,大和 弘明,近藤  哲,浅香 正博

消化器内視鏡.22:1919-1925.2011.2.

膵胆管合流異常

河上  洋,近藤  哲,桑谷 将城,工藤 大樹,大和 弘明,浅香 正博

内科.107:432-436.2011.3.

POCS-私のコツ

河上  洋

消化器内視鏡.23:448-453.2011.3.

セツキシマブ,パニツムマブを用いた治療の実際

川本 泰之,吉野 孝之

がん看護.16:19-23.2011.1.

話題の臨床試験を検証する MACRO試験 大腸がん化学療法 ベバシズマブによる維持療法の非劣性に関する検討 ベバシズマブによる維持療法の意義は,有害事象の軽減のためだけなのか?

小松 嘉人,曽我部 進,福島  拓

臨床腫瘍プラクティス.7:18-22.2011.3.

食道ESDの現況と課題

清水 勇一,吉田 武史,加藤 元嗣,小野 尚子,浅香 正博

臨牀消化器内科.26:273-280.2011.3.

漢方薬の消化管疾患への応用

鈴木 秀和,屋嘉比康治,武田 宏司,河野  透

The GI Forefront.6:145-153.2011.1.

胆嚢未分化癌

高木 智史

別冊日本臨床 新領域別証拠群シリーズ 肝・胆道系症候群(第2版)III 肝外胆道編.No.15:357-360.2011.2.

漢方薬から考える栄養不良へのアプローチと創薬への期待

武田 宏司,中川 宏治,武藤 修一,浅香 正博

消化器心身医学.17:6-14.2010.4.

機能性ディスペプシアに対する漢方処方

武田 宏司,武藤 修一,浅香 正博

カレントテラピー.28:571-575.2010.6.

消化器疾患に対する心身医学的アプローチ 高齢者における食欲不振の病態

武田 宏司,武藤 修一

日本医事新報.4500:76-80.2010.7.

消化管疾患と漢方

武田 宏司

G.I.Research.18:283-289.2010.8.

薬に強くなる 下剤・止痢・整腸薬

武田 宏司,武藤 修一,大西 俊介,浅香 正博

看護技術.56:71-75.2010.8.

機能性ディスペプシアおよび食欲不振に対する漢方治療

武田 宏司

日本消化器病学会雑誌.107:1586-1591.2010.10.

Dyspepsiaと鳥肌胃炎

羽田 政平,加藤 元嗣,浅香 正博,小野 尚子,森  康明,中川  学,中川 宗一,清水 勇一,吉田 武史,西田  麗,山本 桂子

消化器内科.51:482-488.2010.11.

【固形腫瘍領域と血液腫瘍領域のクロストーク 新薬開発と合併症管理】 Gastrointestinal stromal tumorに対するチロシンキナーゼ阻害剤の開発 現状の到達点と今後の課題

羽場  真,澤木  明,水野 伸匡,原  和生,肱岡  範,近藤 真也,佐伯  哲,赤羽 麻奈,小倉  健,丹羽 康正,田近 正洋,河合 宏紀,山雄 健次

血液・腫瘍科.61:536-540.2010.11.

【胆膵疾患診療の最前線 難治疾患のよりよいマネジメントのために】 胆膵癌実地臨床の最前線 膵・胆道癌の診断と治療

羽場  真,山雄 健次,水野 伸匡,原  和生,肱岡  範,清水 泰博

内科.107:375-382.2011.3.

【早期膵癌の病態解明】 臨床からみた早期膵癌の特徴 早期膵癌診断に必要な画像診断

羽場  真,山雄 健次,水野 伸匡,澤木  明,原  和生,肱岡  範,佐伯  哲,赤羽 麻奈,小倉  健,丹羽 康正,田近 正洋,近藤 真也,河合 宏紀,清水 泰博

肝・胆・膵.62:547-555.2011.3.

地域完結型医療機構からみるクリニックに望むIT化へのアプローチと方法論

樋口 晶文

月刊 新医療.37:127-130.2010.9.

TMC435

髭  修平

肝胆膵.62:377-384.2011.2.

Helicobacter pylori 除菌療法と消化管疾患

間部 克裕

KKR札幌医療センター医学雑誌.17:12-16.2010.9.

内視鏡治療における抗凝固薬,抗血小板薬の休薬方法

間部 克裕,平山 眞章,加藤 元嗣

Gastroenterological Endoscopy.52:2976-2983.2010.10.

北海道におけるH. pylori 感染症診療の現状をみる-ピロリ菌専門外来(自由診療)の現状

間部 克裕,鈴木 潤一,渡邊 秀平,加藤 元嗣,小野 尚子,中川 宗一,工藤 峰生,西川 恵子,勝木 伸一,浅香 正博

Helicobacter Research.14:16-20.2010.10.

消化性潰瘍・慢性胃炎と胃発癌予防

間部 克裕

medicina.47:1758-1759.2010.10.

内視鏡と抗凝固薬,抗血小板薬

間部 克裕

技師とナースのための消化管内視鏡ハンドブック.第3版:306-312.2010.10.

消化器内視鏡における安全な抗血栓療法の休薬方法

間部 克裕

消化器Book3.:24-31.2011.2.

外来で白血球の増加や減少を見つけたら

武藏  学

治療.92:2275-2280.2010.10.

がん免疫療法の標的抗原

守田 玲菜,廣橋 良彦,鳥越 俊彦,佐藤 昇志

がん免疫療法.:15-23.2010.10.

特集 変わりゆく大腸がん化学療法-FOLFOX,FOLFIRI,そして次の10年 5.分子標的治療薬-導入後,治療はどう変わったか? 3)パニツムマブへの期待と欧米での現状.

結城 敏志,曽我部 進,小松 嘉人

臨床腫瘍プラクティス.6:151-157.2010.5.

C.大腸癌 15 大腸癌薬物療法における経口抗癌剤の位置づけは?(何をどのように選択すればよいのか?)

結城 敏志,小松 嘉人

EBM 癌化学療法-分子標的治療法 2011-2012.:70-74.2010.11.

>