業績

2008年度 :: 著書・雑誌 :: 邦文 :: その他 :: 業績

H. pylori陽性の胃潰瘍はどの時期に除菌を行うのがよいのでしょうか?

浅香 正博

EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A.じほう出版局:56-56.2008.5.

H. pylori除菌成功後の再感染率、再陽性化率は?

浅香 正博

EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A.じほう出版局:58-58.2008.5.

巻頭言;生活習慣と消化器病の関わり

浅香 正博

THE GI FOREFONT.4:99-99.2008.12.

JGSG臨床試験の計画からLancetにacceptされるまで?Round table meeting

浅香 正博,菊池 正悟,加藤 元嗣,深瀬 和利

THE GI FOREFONT.4:127-135.2008.12.

地域医療の崩壊を防ぐことはできるのか?

浅香 正博,長瀬  清

Frontiers in Gastroenterology.14:3-9.2009.1.

非NSAID・非H. pylori潰瘍の頻度はどのくらいですか? また、その原因とはどのようなものですか?

加藤 元嗣

EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A.じほう出版局:4-6.2008.5.

尿素呼気試験で気をつけたい点は?

加藤 元嗣

EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A.じほう出版局:20-21.2008.5.

H. pylori除菌後に再発する潰瘍の特徴はありますか? また、その対策は?

加藤 元嗣

EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A.じほう出版局:62-63.2008.5.

アスピリンとそれ以外のNSAIDによる胃粘膜障害には違いがあるのでしょうか?

加藤 元嗣

EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A.じほう出版局:112-113.2008.5.

H. pylori陽性者とH. pylori陰性者ではNSAID潰瘍に違いがありますか?

加藤 元嗣

EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドラインQ&A.じほう出版局:123-123.2008.5.

JGSGプロジェクト報告

加藤 元嗣

THE GI FOREFONT.4:10-16.2008.6.

その他のJGSGプロジェクト進行状況報告

加藤 元嗣

THE GI FOREFONT.4:31-34.2008.6.

Lancet論文review

加藤 元嗣

日本ヘリコバクター学会誌.10:88-91.2008.12.

t(11;12)(q23;p13)の転座を有し、二相性の細胞形態を呈した急性白血病

斎藤  誠,盛  暁生,入江 達朗,田中 雅則,森岡 正信

臨床血液.50:125-125.2009.3.

新しいIBD診療の飛躍に向かって 北海道地区編 研究班プロジェクト「啓蒙活動」のモデルケースとして

武田 宏司,高後  裕,蘆田 知史,本谷  聡,坂牧 純夫

IBD Research.2:100-111.2008.6.

IBD治療の進歩2008

武田 宏司,藤本 一眞,渡辺  守,岡崎 和一

The GI Forefront.4:35-44.2008.6.

私にとっての症例報告

武藏  学

北海道医学雑誌.83:281-283.2008.7.

最近の自己免疫性膵炎の診療のトピックスについて

目黒 高志,堀田 彰一

札医通信.488:8-9.2008.4.

What‘s going on:FOLFOX療法とXELOX療法の効果が同等であることを示した論文

結城 敏志,小松 嘉人

Mebio oncology.6:124-127.2009.2.

>