業績

2005年度 :: 著書・雑誌 :: 邦文 :: その他 :: 業績

Heat Shock Proteinと下部消化管疾患

大川原辰也

メディカル朝日.35:85-86.2006.3.

JGSG Project報告

加藤 元嗣

THE GI FOREFONT. 1: 32-36. 2005.

case study 輸血により発症したE型肝炎の症例

姜 貞憲

今月の治療.13:1001-1007.2005.10.

【がん治療における分子標的薬Q&A】 がん治療における分子標的薬を理解する イマチニブ(グリベック)用法・用量などを含めた実際の薬物療法について教えてください

小松 嘉人,浅香 正博

薬局.56:1728-1731.2005.4.

医療費削減に思う

南 勝

日本薬理学雑誌.127:243-243.2006.3.

認知症を正面からとらえて頑張る

南 勝

病院経営.320:52-56.2005.5.

>